使っていないミニ!ミニ!三脚とサヨナラを

東京でカメラマンを生業とし、口癖は「カメラは友達さ」でお馴染みの“タネダカメラマン”です。
本日は、とある機材との別れについて・・・。

この子たちはラジオ番組収録のために購入しました。
(値段は1台1万円ぐらいだったような?)

4人の出演者がいたから4台購入したけど、一回しか出番はありませんでした・・・。

なぜかって、1人1人の卓上にミニ三脚とカメラをセッティングして収録したら、収録終わりに出演者から「カメラが目の前にありすぎて邪魔で話しずらい」と・・・。

せっかく単焦点のワイドレンズも4つ用意したのに邪魔だと・・・。

確かにミニ三脚としてはちょっと大きく、写真のようにさらに高さも出せてしまう。(もっと小さくなってほしいが本音・・・。)

ただ三脚ヘッドも稼働するし、吸盤も着いているので優秀なミニ三脚。
さすがのSILK

レンズは使い回ししているので大丈夫だけど、ミニ三脚はそれ以来使い道がなく眠っています。

これではかわいそうということでこの度メルカリに出品しようと思います・・・。

さよなら
ミニ三脚たちよ

関連記事

  1. 【トレンド】オススメフィルムカメラ4選

  2. カメラレンタルって結局安いの?

  3. 【2021年5月更新】カメラレンタル業者比較10選

  4. マンモスレンタルはカメラレンタルに勝てない

  5. 【神ジンバル】DJI OSMO Mobile2 有能すぎる

  6. 東京でカメラのレンタルが流行っているらしい

PAGE TOP